ストレス、HSP・HSCの漢方相談|横浜の漢方カウンセリング「がじゅまる」

火・金|12:00~19:00

水・土|10:00~17:00

045-567-8760

漢方ブログ漢方ブログ

HSP 漢方

2020.03.19

HSPは、漢方の味や香りの微妙な変化にも気づきやすい

カテゴリ:HSP・HSC

今日は、晴れていて暖かく、一気に桜の開花が進みそうな横浜です。週末までしばらくはこの暖かさが続くようですね。



さて、今日は「HSPと漢方の相性がいい理由」について書いていきたいと思います。

以前の記事については、下記のページをご覧ください。
HSPの方に漢方が合う理由
また、HSPの特徴については、下記のページにまとめていますのでご覧ください。
HSP・HSCの4つの特徴である「DOES」とは?


HSPは、漢方の味や香りの微妙な変化にも気づきやすい

漢方薬と西洋の薬との違いに、漢方薬には味や香りがあることが挙げられます。
当店ではお客さまに実際に漢方を飲んでいただいて、「どんな味に感じますか?」とお尋ねします。「ちょっと苦みを感じます」「美味しく思います」などの感想が漢方を選ぶ上で重要な判断材料になります。


HSP 漢方


科学的に証明されている訳ではありませんが、体に合っている漢方は飲みやすく美味しく感じ、合っていない漢方は飲みにくく苦く感じるといわれます(体に合っていても生薬特有の苦みを感じるものもあります)。また、普段は苦くて飲めない漢方も、熱が高いときに飲むとすっきりと飲みやすく感じることもあります。

味や香りを繊細に感じ取れるHSPは、漢方と相性がよいと思われます。漢方の味や香りを好まれて飲まれる方も多く、よく「漢方の香りを嗅ぐと落ち着く」「飲むと何だかホッとする」と感想をおっしゃいます。そのため、当店では漢方薬の中でも香りがよいものを選んでいます。


HSP 漢方


また、体調が良くなってくると、初めは美味しく感じた味が、少し苦く感じるようになることもあります。HSPは、その微妙な変化が分かる方が多いのも特徴です。苦く感じるようになった場合は、漢方を変えたり量を減らしたりしたり、症状が落ち着いてきたら服薬を中止します。

もしも今、漢方を飲まれていて、あまりにも苦くて毎回飲むのが苦痛で効果を感じられないという場合は、その漢方は体に合っていない可能性があります。漢方を変更してもらうのも一つの方法かも知れません。当店では、HSPの方の漢方相談にも力を入れておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。


友だち追加  ←LINEからでも、ご予約や簡単なご相談を承っております。

人気ブログランキング

ブログトップへ戻る