ストレス・生理痛・不眠カウンセラー|横浜の漢方カウンセリング「がじゅまる」

火・金|12:00~19:00

水・土|10:00~17:00

045-567-8760

漢方漢方

ストレスからくる不調に、漢方という選択肢を

ストレスからくる不調に、漢方という選択肢を

疲れやすい、眠れない、冷えやすい、お腹の調子が悪い、緊張してドキドキ、イライラ、不安感・・・

 

このような症状が出ている方は、知らず知らずのうちにストレスを溜めこんでいるかもしれません。
漢方はこういったストレスからくる不調に相性がいいと言われています。あなたに合った漢方で、「こころ」と「からだ」のバランスを整えていきませんか。

「年代」から考える、漢方薬の選び方

※症状や体質によって合う漢方薬は違ってきますが、一例をご紹介します。

10代

10代

受験のプレッシャーや人間関係のストレスから、食欲をなくしたり、よくお腹の調子をこわしてしまう。

おすすめ漢方薬を見る

20代

20代

冷えやすくて、毎月の生理痛がひどくてつらい。生理前になると、気持ちが不安定になりやすい。

おすすめ漢方薬を見る

30代~40代前半

30代~40代前半

仕事のストレスが重なって、イライラする毎日。昼は頭痛や肩こりが起きやすく、夜はなかなか眠れない。

おすすめ漢方薬を見る

40代後半~50代

40代後半~50代

若い時は元気だったのに、最近は夕方になるとぐったりしてしまい、寝てもなかなか疲れが取れにくい。

おすすめ漢方薬を見る

10代におすすめの漢方薬

10代に多い悩み

受験のプレッシャーや人間関係のストレスから、食欲をなくしたり、よくお腹の調子をこわしてしまう。

10代におすすめの漢方薬

漢方で重視するのは、お腹の健康です。胃腸の働きが良くなると、食欲が増し、食事からの栄養も吸収しやすくなります。10代の頃から漢方で体調を整えていくと、ストレスに対しても抵抗力がついてきます。ストレスから胃腸の調子が悪くなる方には「柴芍六君子湯」、疲れやすく気分がふさぎがちな方には「香砂六君子湯」がおすすめです。

柴芍六君子湯
香砂六君子湯
各11,000円(税別)/30日分

20代におすすめの漢方薬

20代に多い悩み

冷えやすくて、毎月の生理痛がひどくてつらい。生理前になると、気持ちが不安定になりやすい。

20代におすすめの漢方薬

からだが冷えないように、食事に気をつけたり薄着をしないといった日々の養生が大事ですが、それでも冷えるときは漢方の出番です。からだを温め血を補いめぐりをよくする「婦人宝」は、冷え性や生理痛の方におすすめです。生理前に不快な症状が出る方は、気や血の滞りを改善してくれる「芎帰調血飲第一加減」もおすすめです。

婦人宝 5,000円(税別)/30日分

30代~40代前半におすすめの漢方薬

30代~40代前半に多い悩み

仕事のストレスが重なって、イライラする毎日。昼は頭痛や肩こりが起きやすく、夜はなかなか眠れない。

30代~40代前半におすすめの漢方薬

職場や家庭で一番頼られ、こころとからだに負荷がかかりやすい世代です。張った痛みが起こることを漢方では肝気鬱結(かんきうっけつ)といい、精神的ストレスが原因と考えます。このような方には、まず滞った気を流す「柴胡疎肝湯」がおすすめです。不眠の方には、「酸棗仁湯」「温胆湯」「帰脾湯」など体質からお選びいたします。

柴胡疎肝湯 12,000円(税別)/30日分

40代後半~50代におすすめの漢方薬

40代後半~50代に多い悩み

若い時は元気だったのに、最近は夕方になるとぐったりしてしまい、寝てもなかなか疲れが取れにくい。

40代後半~50代におすすめの漢方薬

加齢による疲れやすさは、漢方では「腎」の働きが弱まってきたからと考えます。腎は、生命エネルギーの貯蔵庫で、腎を労わりこの時期をいかにうまく乗り越えるかが今後の健康に大きく関わります。腎を補う「八味地黄丸」や「杞菊地黄丸」など地黄丸系の漢方薬や、疲れた体をサポートする「参茸大補丸」がおすすすめです。

杞菊地黄丸 7,800円(税別)/30日分

よくあるご質問

Q.漢方薬はどんな症状に効果があるのですか?

漢方薬は心身のバランスを整えて、自然治癒力を高める効果がありますので、食欲不振、冷え性、生理痛、頭痛、下痢・便秘、肩こり、花粉症などの主に慢性的なからだの不調におすすめです。
また、周りに分かってもらいにくい疲れやだるさ、不眠、不安感やイライラ、生理前の情緒不安定(PMS)など、こころのお悩みにもおすすめです。

Q.漢方薬は長く飲まないと効果がでないですか?

風邪やこむら返りなど、急性の症状の場合は早く効く場合が多いです。
慢性的な症状は体質改善が目的になりますので長期的に服用することが多いですが、体質にぴったり合った場合は早く効果が出る時もあります。

Q.漢方薬には副作用がありますか?

熱を持った体質の方に温める漢方薬を用いた場合など、体質に合っていない漢方薬を服用したときに副作用が出ることもあります。当店では、カウンセリングに時間をかけることによって、なるべく副作用が出ないよう努めております。

Q.子供でも漢方薬を飲めますか?

はい。
中には飲めないものもありますが、多くが年齢に応じて量を減らしたりして服用できます。

Q.どのような漢方薬を取り扱っていますか?

高品質で安全性の高い「小太郎漢方製薬」の漢方薬をご用意しています。香りのよい漢方とご好評いただいています。飲みやすく持ち運びやすいように、主にエキス剤(粉薬)を採用しています。

今月のおすすめ漢方

「玉屏風散(ぎょくへいふうさん)」

何かと忙しく気持ちも焦りがちな12月です。
多くの行事をこなして疲れがたまっているところに、ウイルスが入ってくると風邪をひきやすくなります。

 

元々、風邪やインフルエンザにかかりやすい体質の方は、「衛気(えき)」と言って体を外敵から守るバリアーの働きが弱い方が多いです。
花粉症にかかりやすい方も同じです。

 

「玉屏風散」は、“屏風”と名前についているとおり、体に必要なものを通し、入ってならないものをくい止める漢方です。
体の免疫力を高めて外からのウイルスを防ぎ、風邪やインフルエンザにかかりにくくします。

 

花粉症の方は、「玉屏風散」で免疫力をつけることにより花粉症の症状が軽くなるので、今の時期からの服用がおすすめです。

 

この他、症状や体質によって漢方薬は違ってきますので、どうぞお気軽に当店までご相談ください。