ストレス、HSP・HSCの漢方相談|横浜の漢方カウンセリング「がじゅまる」

火・金|12:00~19:00

水・土|10:00~17:00

045-567-8760

漢方ブログ漢方ブログ

2019.07.29

夏のレジャーに。一家に一本「神仙太乙膏」

カテゴリ:漢方

今日、ようやく関東の梅雨明けが発表されましたね。平年より8日遅く、昨年に比べるとなんと30日遅かったそうです。
今週は、梅雨明けらしく晴れの日が続きそうですが、 猛暑になりそうなので熱中症には十分にお気を付けくださいね。




さて今日は、隠れた人気商品「神仙太乙膏」についてご紹介したいと思います。



肌トラブルに!漢方の塗り薬「神仙太乙膏」


「神仙太乙膏」は、中国の宋の時代に広く万能的に使えて、優れた効果のあるところから「神仙」と名付けられたそうです。皮膚の炎症をとる生薬と皮膚を潤す生薬からなり、様々な皮膚病に使える漢方の塗り薬です。


このような症状に「神仙太乙膏」


1、かゆみ(アトピー性皮膚炎によるものや老人性皮膚掻痒症にも)

2、虫刺され(かゆみが顕著なもの)

3、切り傷(浅い切り傷、すり傷、かき傷)

4、やけど(軽いやけどから、赤く水泡になりそうなもの)

5、床ずれ(初期のころのかゆみを伴う軽い床ずれ)



「神仙太乙膏」の構成生薬と働き


当帰・芍薬・地黄・・・皮膚の乾燥の改善、創傷の治癒

白芷・桂皮・・・かゆみ、浸出液の改善

玄参・大黄・・・炎症や発赤、かゆみの改善

ごま油・ミツロウ・・・皮膚の乾燥の改善、創傷の治癒補助


「神仙太乙膏」には、炎症をしずめる働きの生薬が多く含まれています。
かゆみや痛みを抑える働きがあるので、患部が赤くなって熱感を帯び、かゆみの強い皮膚病に適しています。また、血行を改善し、患部に栄養を与え、皮膚組織の再生を促してくれます。「神仙太乙膏」は、炎症・カサカサ・ジュクジュクの皮膚症状にお使いいただけます。




「神仙太乙膏」の特徴


塗る漢方薬

煎じ薬や粉薬など飲むイメージの強い漢方薬ですが、「神仙太乙膏」は肌に塗っていただく漢方薬です。


生薬由来の非ステロイド軟膏

ステロイドなどの化合物や化学薬品を使わず、天然成分100%です。


色と香り

生薬由来の黄褐色で、ごま油独特の香りがあります。よくカレーの匂いと言われます。


安心安全

赤ちゃんからお年寄りまで年齢問わず、お使いいただけます。万が一なめても、天然成分100%なので安心です。


チューブタイプ

持ち運びやすく使いやすい衛生的なアルミチューブタイプです。





夏のレジャーに。一家に一本「神仙太乙膏」

「神仙太乙膏」は、一度使っていただくと良さが分かる隠れた人気商品です。リピートされるお客さまが多く、特にお子さまからご好評いただいています。上に書いたように、「天然成分100%の非ステロイド軟膏」ですので、ご家族の皆さんで安心して使っていただけます。これからの季節は、旅行やアウトドアで虫に刺されたり、やけどや切り傷といった場面に遭った時にも、1本持っていると何かと重宝します。

当店では、「神仙太乙膏」のお試しぬりも行っております。独特なカレー風の香りも一度実際に嗅いで体験していただけたらと思います。お気軽にご来店くださいね。


人気ブログランキング

ブログトップへ戻る