ストレス、HSP・HSCの漢方相談|横浜の漢方カウンセリング「がじゅまる」

火・金|12:00~19:00

水・土|10:00~17:00

045-567-8760

漢方ブログ漢方ブログ

2019.07.22

HSPの特徴~ドラマ「凪のお暇」より~

カテゴリ:HSP・HSC

今日も横浜は梅雨空のようで、どんよりと曇っています。週の初めの月曜日からどんよりとジメジメした朝で辛いですが、今週は半ばくらいからは晴れが多くなりそうなので、なんとか乗り切っていきたいですね。



さて、今日は「HSP」について書いていきたいと思います。
HSPについては、度々ご紹介していますが、環境や周囲の出来事に対して敏感に反応してしまう気質の方のことを言います。
HSPの簡単なチェックリストは下記の記事に載せていますので、ご興味ある方はご覧ください。

HSPの方に漢方が合う理由


HSPの特徴~ドラマ「凪のお暇」より~

7月から新しいドラマが始まりましたね。今クールに「凪のお暇」というドラマがありますが、そのドラマを観て黒木華さん演じる主人公の凪がとてもHSPぽいなぁと感じました。そう感じたところは・・・

1、周りの空気を敏感にキャッチして、場に合わせようとする
2、人からのお願いを断れない
3、本音で話せる友人が少ない

といったところからです。実際はどうか分からないのですが、周りの空気を読んでしまう凪の行動とHSPの特徴がぴったりと合っているところが本当に多かったです。今回は、上に挙げた「HSPの特徴」についてみていきたいと思います。

 



1、周りの空気を敏感にキャッチして、場に合わせようとする

HSPは、その場の雰囲気や人の表情から、相手が何を望んでいるのかを察知するのが得意です。ドラマにあった同僚の人たちとのランチの会話でも、自分の考えを言うよりも皆に合わせて「場が白けないように」「みんなが気分を悪くしないように」などと考えてしまいがちです。

2、人からのお願いを断れない

HSPは、自分のことよりも他人のことを優先してしまいがちで、無理な仕事のお願いやあまり乗り気ではないお誘いも断れずに、引き受けてしまうことも多いです。あと、ドラマの一場面でありましたが、人に間違ったことを訂正することにとても気を遣います。

3、本音で話せる友人が少ない

HSPは、ひとりでじっくりと考えることが好きな人が多く、世間話や雑談が苦手です。多くの人と軽く交流するよりも、分かりあえる人と深く付き合いたいと考えるため、本音を話せる友人が少ない傾向にあります。そのため、大勢の人が集まるような飲み会や初対面の人が集まるイベントなどでは、うまく会話ができずに自分の居場所がないと感じることも多いです。



いかがでしょうか。もしかして、あなたもHSPなら共感できるところもあるかも知れませんね。ドラマで主人公凪は、空気を読まないといけない毎日から抜け出し、会社を辞めて、郊外の自然が多い街で一人暮らしを始めます(自然を好むというところも、HSPぽいですね)。まだ一話目なので、この先どういう展開になるか分からないのですが、凪にはのびのびした本来の自分の姿を取り戻してほしいなぁと思っています。

今回は、ドラマ「凪のお暇」から、HSPの特徴の一面を書いていきました。当店は、HSPの方のお悩みに寄り添って丁寧にカウンセリングさせていただいています。もしも、今何か仕事のことや学校のことなどでお悩みのことがございましたら、お気軽にご相談くださいね。

人気ブログランキング

ブログトップへ戻る