ストレス・HSPの漢方相談|横浜の漢方カウンセリング「がじゅまる」

火・金|12:00~19:00

水・土|10:00~17:00

045-567-8760

漢方ブログ漢方ブログ

2019.01.15

「温活」漢方で始めませんか?

昨日は、成人式でしたね。横浜市は、横浜アリーナで成人式がありました。
成人を迎えられた皆さま、おめでとうございます。
当店のお客様にもいらっしゃるので、昨日は晴天になって本当に良かったと思いました。



そんな若い方からご高齢の方まで、今の季節は冷えにお困りの方がとても多くなっています。
冷えから頭痛、肩こり、しもやけ、腰痛などの症状が出てくることもよくあります。

冷えの原因には、血虚(血の不足)が大きく関わっています。
漢方でいう「血」は、全身に栄養を与えたり潤したり、気持ちを落ち着ける働きがあります。
その「血」が不足することを血虚といいます。
特に、女性は生理などで血虚になりやすいので、からだが冷える方がとても多いです。



血虚になると・・・

●手足の先に冷えを感じる
●何となく不安感がある
●夢をよく見る
●目が疲れやすい
●物忘れが多い
●生理不順、経血量が少ない
●頭痛、肩こりが慢性的にある
●髪のパサつき、抜け毛が気になる
●爪が割れやすい
●肌が乾燥しやすい

など、体や心の不調が起こりやすくなります。

冷えを改善するには、血を補って、温めて、巡らせることが大事になってきます。
それに欠かせないのが「温活」です。

先週から店頭には・・・

「温活」漢方で始めませんか?

のチラシを置いています。
「温活」とは、冷えを解消して毎日を元気に過ごすために、日頃から体を温める工夫をする活動のことです。

チラシには冷えに対する養生法など、つらい冷えでお悩みの方におすすめの情報が載っていますので、ぜひご一読ください。
店頭に在庫がない場合は、お気軽にお声をかけてくださいね。

つらい冷えでお悩みの方には、「婦人宝」などの血を補う生薬がたっぷり入った漢方がおすすめです。
次回は、その「婦人宝」についてもう少し詳しくお伝えしたいと思います。

人気ブログランキング

ブログトップへ戻る