働く世代やHSPの漢方相談|横浜の漢方カウンセリング「がじゅまる」

火・金|12:00~19:00

水・土|10:00~17:00

045-567-8760

ブログブログ

2022.04.11

春になって、まぶたがピクピクするのは?

カテゴリ:養生法

昨日、今日と季節外れの暖かさの横浜です。桜の花びらがまだ残っている木があるので、もう少しだけお花見が楽しめそうです。



さて、今日は『春になって、まぶたがピクピクするのは?』について書いていきたいと思います。


春になって、まぶたがピクピクするのは?

血が不足するとまぶたがピクピクしやすい

春になると、まぶたが痙攣してピクピクするという方がいます。

春は五臓で言うと「肝」の季節です。「肝」は、自律神経とも深く結びついていて、新生活などで緊張を強いられる生活が続くと、体の筋肉が収縮してかたくなり、まぶたも痙攣しやすいです。

また、筋や筋肉は「血」の栄養によって養われているため、体内の血が不足すると筋や筋肉の状態も悪化し「肝血虚(かんけっきょ)」の状態に。睡眠不足や目の使い過ぎで血が不足しても、まぶたの痙攣が起こりやすくなります。

春は緊張感が続き、知らず知らずのうちにストレスをためがちです。まぶたのピクピクはストレスや疲れがたまっていることを教えてくれています。早めに気づいて症状が軽いうちに対処しましょう。




まぶたのピクピクにおすすめのセルフケア

1.蒸しタオルで目をリフレッシュ


目が疲れているときは、まぶたのピクピクが起きやすいです。目を温めると固まった筋肉がほぐれ、疲れ目の症状が和らぎます。軽く絞ったタオルをラップで包み、電子レンジで1~2分加熱すると蒸しタオルが完成します。目に当てる方と反対側に好きな香りのアロマを垂らすとよりリラックスできますよ(充血時はやめてください)



2.カフェインレスの飲み物を選ぼう


カフェインの刺激もまぶたの痙攣を悪化させることがあります。特に、HSPの方はカフェインに反応しやすいので要注意。コーヒーや紅茶を頻繁に飲んでいる方は、カフェインレスやデカフェに変えるのをおすすめします。カフェインが一切入っていない飲み物は、麦茶、ルイボスティー、そば茶、はと麦茶、コーン茶、たんぽぽ茶です。



3.集中しすぎてまばたきを忘れずに


スマホやパソコン、読書などで長い時間集中して目を使うと、目が疲れてまぶたがピクピクしやすくなります。集中してパソコンに向かって仕事をしたり、スマホの小さな画面でゲームに夢中になったりしていませんか。1時間に1回は休憩を取って、目を休めましょう。意識的にまばたきをすることも予防になります。



セルフケアでなかなか良くならない方は、漢方薬でまぶたのピクピクを改善する方法もあります。もし、気になるようでしたらお気軽に当店までご相談ください。


◇こちらの記事もおすすめです◇
春を健やかに過ごすための養生法

ブログトップへ戻る