働く世代やHSPの漢方相談|横浜の漢方カウンセリング「がじゅまる」

火・金|12:00~19:00

水・土|10:00~17:00

045-567-8760

ブログブログ

2021.06.07

梅雨時におすすめの食材「とうもろこし」

カテゴリ:養生法

日に日に湿度が高くなっている横浜ですが、まだ梅雨入りとは行かなさそうです。湿度が高くなると、体の水はけが悪い方は不調が出やすくなります。どうぞお気を付けくださいね。



さて、今日は『梅雨時におすすめの食材「とうもろこし」』について書いていきたいと思います。

 

梅雨時におすすめの食材「とうもろこし」

中医学で今の季節は「長夏」といって、湿邪が身体に侵入しやすいです。

湿邪の特徴は「重濁粘滞」といって、重くベタベタしている性質を持っています。
そのために今の季節は、身体が重だるい、頭が重い、目やにが出来やすい、軟便、帯下病(おりものの病気)、尿が濁りやすいと言った症状が出やすいです。

また、湿邪の病気は長引きやすく再発しやすいと言われています。
したがって、湿疹や水虫などは梅雨の時季になりやすく、治りづらいです。





湿邪を取り除くためには、利尿作用を持ち、体内の湿気を取る作用のある食べ物を食べるのが効果的です。
おすすめの食材が「とうもろこし」です。



とうもろこしは、水分代謝を良くし利尿作用もあるので、むくみに効果があります。
また、自然な甘味には気を補う作用があるので、夏バテ予防にもいいですよ。

実だけではなく、ひげやじくにも薬効があるので、スープなどは一緒に入れて煮るのがおすすめです。
最近は、とうもろこしのひげ茶やコーン茶などもありますね。

とうもろこしの旬はまさに今なので、スーパーでもお安く購入できると思います。
美味しいとうもろこしの見分け方は、皮の緑色が濃く、実がふっくらして先まで粒がつまっているもの。ひげの数が多いほど実も多いそうです。
むくみやだるさが気になる方は、どうぞ取り入れてみてくださいね。



逆に、この季節に控えたい食べ物は、冷たい飲み物、チョコや生クリームなどの甘いもの、おせんべいやもちなどです。
スイカやメロンなどみずみずしい果物も出てくる時期ですが、果物は水分と糖分を多く含みますので、食べすぎないようにしましょう。


◇こちらの記事もおすすめです◇
梅雨の季節に多い、食欲不振・消化不良におすすめの漢方

ブログトップへ戻る