ストレス、HSP・HSCの漢方相談|横浜の漢方カウンセリング「がじゅまる」

火・金|12:00~19:00

水・土|10:00~17:00

045-567-8760

漢方ブログ漢方ブログ

2020.09.10

秋の乾燥対策といつまでも残るしつこい咳におすすめの漢方

カテゴリ:漢方

昨日は、『ひといちばい敏感で繊細なあなたを守る HSPのための漢方生活』の本の発売日でした。
全国の本屋さんをはじめ、アマゾンや楽天ブックスなどに、無事に完成した本が並んでホッとしております。
当店のお客様をはじめ、本に携わってくださった方々や応援していただいた皆さまに、心より感謝申し上げます。
おひとりでも多くの方に手に取っていただけて、少しでも本が健康のお手伝いに繋がれば嬉しく思います。



さて、今日は「秋の乾燥対策といつまでも残るしつこい咳におすすめの漢方」について書いていきたいと思います。


秋は、乾燥対策が大事

残暑が厳しい9月ですが、季節は徐々に秋へと移り変わっていきます。
この頃から気になり始めるのが「乾燥」です。肺が弱ると皮膚や粘膜のバリア機能が低下し、乾燥が起こります。のどが乾燥することで咳が出て止まらなくなることもあります。また、肺の機能が低下すると水が滞ってそれが痰になり、のどに絡んで不快な症状の原因となったりします。



秋の気配を感じたら、夏の間に身についてしまった生活習慣の見直しをしましょう。疲れをしっかりと解消するためには、早寝早起きを心がけ、食事もできるだけバランスよくとりましょう。加湿器を利用して乾燥から肺を守ることも大切です。山芋や梨、柿などは肺を潤してくれるのでおすすめです。


いつまでも残るしつこい咳におすすめの漢方

 

竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)



風邪のあと、熱は下がったけれど、咳だけが残って体調が良くない・・・。原因は、体の奥に残っている熱です。
この熱が体液を減らすことにより、体の中は乾燥してきます。その結果、気管支が乾燥して敏感になり、炎症を起こして、少しの刺激にも咳が出やすくなります。「竹葉石膏湯」は、体液を増やして気管支を潤し、炎症をしずめる漢方で、風邪のあとにいつまでも残るしつこい咳をしずめます。

この他、症状や体質によって漢方薬は違ってきますので、どうぞお気軽に当店までご相談ください。

人気ブログランキング

ブログトップへ戻る