ストレス、HSP・HSCの漢方相談|横浜の漢方カウンセリング「がじゅまる」

火・金|12:00~19:00

水・土|10:00~17:00

045-567-8760

漢方ブログ漢方ブログ

2020.01.23

冬からはじめる花粉症対策

カテゴリ:養生法

今日は朝から冷たい雨が降っている横浜です。このままお昼になっても気温が上がらないらしいです。週末は雪の予報も出ていますので、どうぞ暖かくしてお過ごしください。



さて今日は、「冬からはじめる花粉症対策」について書いていきたいと思います。


冬からはじめる花粉症対策

今年は、暖冬のために例年に比べて花粉が早く飛散するのではないかと言われています。花粉症対策は、春のイメージがあるかもしれませんが、実は冬からの予防がとても大事で、早ければ早いほどおすすめです。当店でも毎年花粉症の方がご相談に来られますが、やはり早いうちから体質改善に取り組まれた方が効果が現れやすいです。

冬のうちから花粉症を予防するには、外敵である邪気から身を守る「衛気(えき)」を高めることです。衛気は、体表にバリアを張り巡らせて、体を守ってくれる気のことを言います。この衛気が十分にあると、花粉やホコリ、ウイルスなどといった邪気を体内に侵入させず、病気になる前に防いでくれます。一方で、衛気が弱いと、体表のバリアが脆弱なため簡単に邪気が入ってきて、花粉症になったり、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。その他、衛気が弱いと、疲れやすくなったり、汗をかきやすくなったり、皮膚の症状が出やすくなったりといった症状も出やすいです。


花粉症 漢方


花粉症から身を守る衛気(えき)を高めるには?


●食事に気をつける

気を補う穀物・イモ類・豆類や温野菜を中心にした食事にして、冷たいもの、生もの、脂っこいもの、甘いもの、刺激の強いもの(唐辛子、わさび)などを避けましょう。


●過労を避けて、睡眠を十分にとり、軽く運動する

過労や睡眠不足が重なると、衛気は減っていきます。また、運動不足もよくないので、少し暖かい日には外へ出て軽く運動することもおすすめです。


●衛気を強化する漢方「玉屏風散」

上に書いた衛気を高める養生法に、「玉屏風散」という衛気を強化する漢方をプラスして服用すると、花粉症予防に効果的です。


花粉症 漢方


辛い花粉症の症状を軽くするには、不規則な生活や食生活の乱れ、運動不足などで衛気を減らさないことが大事です。朝に冷たいヨーグルトやジュースを摂っていたり、深夜遅くまで起きていたり、全く運動をしていなかったりといった生活を続けていくと、知らず知らずのうちに衛気が少なくなり、免疫力が低下していき、花粉症にもかかりやすくなります。今年の春は、少しでも花粉症の症状を軽くするために、冬の今から予防していきましょう。当店では花粉症の漢方相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。


友だち追加  ←LINEからでも、ご予約や簡単なご相談を承っております。

人気ブログランキング

ブログトップへ戻る